エピペンは、多くの方に支えられたお薬です

あいち小児保健医療総合センター 副センター長 伊藤浩明


アレルギー科には、エピペンを持っている方が500人以上通院しています。その中で、実際にエピペンを使った方も、30人以上います。中には、学校の先生が使ってくださったこともあります。

その中で、エピペンを使ったことを後悔している方は、一人もいません。子ども達に尋ねると「ちょっと痛かった」と言います。でも、その前のアレルギー症状のほうがずっとつらいので、痛かったことはあまり覚えていないようです。

エピペンは、ただのお守りではありません。処方されたエピペンの中で、実際に使われるのは100本に1本くらい。残りは幸いにも使われることなく、期限が過ぎて破棄されていきます。エピペンの値段は、1本1万くらい。自己負担がなくても、それだけの医療費がかかっています。つまり、皆さんの「いざ」という一瞬を守ることに100万円ほどの価値があることが医療費として認められて、国民全体の負担で支えられているのです。

それを活かすのは、「いざ」という時の、皆さんの勇気です。


勇気をもってエピペンを!!

~エピペンをもつ人の心のケア~の絵本の寄稿を漫画化